最近多い永代供養墓とは

  • 最近多い永代供養墓とは

    • 昔はどこでも、先祖代々のお墓を、どこの家でも持つのは当然のように思われてきましたが、最近では、お墓を持たない人たちが増えてきています。
      昔のような大家族も少なくなり、そのひとつとして、核家族が増えてきているからではないでしょうか。
      さて、お墓を後々誰も見ることができなくなってしまう問題が、出てきていると聞いたことがあります。

      西宮の葬儀の情報を多数ご用意したサイトです。

      そのようなことにならないためにも、最近ではよく永代供養墓という言葉を耳にします。永代供養墓とは、お墓参りができない方に代わり、お寺などが永久に供養などをしてくれる制度です。



      後々誰もお墓を見ることができない方たちにとっては、本当にありがたいことです。



      お寺によっては、制度やプランも色々あり異なるそうです。

      https://okwave.jp/qa/q7142858.htmlについての情報を簡単に探すことができます。

      さて、お墓の形も色々あるそうです。

      中には、個人個人のお墓のものや、合同の納骨堂のようなものもあるそうです。

      形は色々ありますので、いろんなところを見た上で決めると良いです。

      https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12120577867情報をお探しですか。

      プランもたくさんありますし、もちろん値段もまちまちです。

      http://talk.m3q.jp/?topic_id=12&comment_content=%25255B%254013%25255D&page=966

      永代供養墓は一般のお墓より低価格のものが多いので、それほど負担がかかることはありません。
      そちらの方もいろいろ調べたい重要なポイントです。永代供養墓が、最近よく注目されている点は、もちろん後々お墓を見ることができない心配がありますが、お寺が永久に責任を持って管理してくれることが、みなさんに取って心強いですし、とても安心できるもののひとつとなっています。

  • 関連リンク

    • 永代供養墓と聞いてどんなお墓をイメージするでしょうか。一般的には、お墓参りをしてくれる人がいなくても、お寺がお墓を管理し定期的に供養などをしてくれるお墓のことです。...

    • どんな人でもいずれは亡くなるものです。その際に必要になるのが墓ですが墓を作ろうとすれば土地代や墓石代で高額な費用が必要になることも珍しいことではありません。...